Original article: https://coinpost.jp/?post_type=breaking&p=282334

世界初、100%分散型取引所ベースの仮想通貨ファンドをCivilizationが設立

Civilization(CIV)が設立した分散型取引所ファンドが目指す戦略は、投資家に対する1%という高い初期日利の設定、つまり1年間続けると3,000%の利息が得られるというものだ。CivilizationのシステムはAIを動力とし、ここにイーサリアム(ETH)トークンを預け入れると、自動的にUniswap V3で最も利率が高い流動性プールが選択されるものだ。

多くの仮想通貨投資と異なり、Civilizationはそれ自体のエコシステム外で収益を生み出す。人工知能を最大限に活用し、今も完全に分散化された存在の仮想通貨に対する無限の取引戦略と投資機会を実現する。

トークン保有者はcivfund.comを通じてトークンをステーキングし、利息を得ることができる :

発生した利益は、透明性を確保し以下のように分配される:

CIVトークンは、このプロジェクトを実現可能にする中心的な資産である。購入、ステーキング(預け入れ)、流動性の提供は、いずれもイーサリアムネットワーク上か、増え続ける取引所においてのみ可能だ。

連絡先:

ウェブサイト:https://civfund.com

Twitter:https://twitter.com/token_civ

Telegram:https://t.me/civsettlers